« 太平洋戦争~東京裁判~現代 | トップページ | 県水彩画会展覧会 »

太平洋戦争~東京裁判~現代   その2

戦後日本は経済復興に驚異的な発展を成功させる。国内のインフラは整備され、国民の生活も格段の進展を遂げる。生活の水準も中流感を持っているかのように見える。生活水準の安定化に伴って、忘れ去られていった問題が逆に鮮明に浮かび上がって来たのではないか。外交問題がそうだと思う。北方領土、拉致問題、米軍基地の問題、対中、韓の歴史認識問題、最近では対テロ対策におけるインド洋の米軍艦隊への給油問題等々あげたら切りが無いほどだ。どれをとっても重要課題ばかりだ。政府ではこうゆう問題を先送りばかりして、一気に浮上してきた内政諸問題と絡まって身動きできず何一つ解決しようとしない。日本の国は全くの無政府状態の中に漂っているかのようだ。国としての威信や威厳は、国民の尊厳は・・・自民党の1党独裁の政治が中国やロシヤの共産主義よりも後退しているかのように思えて仕方が無い。現政府はもっともっと情熱を持って国造りに公僕として立ち向かってほしいと思う。教育、医療、少子化、自然破壊など原因はあると思うが、こうゆう事も原因の一つに成っているのではと思われる。

|

« 太平洋戦争~東京裁判~現代 | トップページ | 県水彩画会展覧会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521799/42664583

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋戦争~東京裁判~現代   その2:

« 太平洋戦争~東京裁判~現代 | トップページ | 県水彩画会展覧会 »